トヨタイムズ

あのときのアノコトバ

全世界37万人の従業員の前線に立つリーダーの言葉は、シンプルで深い。人生論としても経営論としても読める、豊田章男の語録です。

#2「この町いちばん」

2007年当時、急速な販売台数増の一方で、その品質に疑問が呈され始めたトヨタ。成長とは何か、誰のための成長かを問うた言葉。

2021.02.22 UPDATE READ MORE

#01「もっといいクルマをつくろう」

戦後初となる赤字に陥った2009年3月の新年度方針演説。当時副社長だった豊田章男が作業着で登壇し、語った言葉とその真意とは

2021.01.18 UPDATE READ MORE