トヨタイムズ放送部まとめ
2022.07.04

「トヨタスポーツカレンダー2022」下半期の見どころ総ざらい

2022.07.04

6月29日に配信されたトヨタイムズ放送部は、「トヨタスポーツカレンダー2022」の下半期版を特集した。トヨタアスリートのスケジュールや注目ポイントを、総務人事本部の東崇徳本部長がわかりやすく解説。応援しがいのあるチームや選手たちの魅力をたっぷり伝えており、これを見れば今年後半もスポーツざんまい!?

ということで、トヨタアスリートいるところに、この人あり。放送部でも公式解説員としておなじみの東本部長が、半年ぶりにスタジオゲストとして出演。台本での無茶ぶりに、なかやまきんに君へのオマージュ全開「パワー」で応える場面もあり、視聴者のコメント欄も大いに盛り上がった。

スタジオに用意されたカレンダーは、7つの強化運動部やプロスポーツ、個人競技を網羅した巨大サイズ。上半期のカレンダーと並べると、ヤリスの全長(3.94m)に匹敵する大きさだ。番組では出場予定だけではなく、それぞれの「注目ポイント」もまとめた。

硬式野球部「トヨタレッドクルーザーズ」

東海地区の第4代表として都市対抗野球本戦の出場権を獲得し、7月19日に初戦を控える。東本部長は「決まるのに時間がかかったが、その分、若手が2試合(多く)本番で試合できた」と本戦に期待する。東本部長と顔が瓜二つの4番・今井脩斗選手には「息子さんの活躍にも期待ですね」と森田京之介キャスター。

注目ポイントはスパコミ(スーパーコミュニケーションの略)。高橋優選手らが試合前の声掛けなどで士気を上げるVTRでは、少し暑苦しい!? コミュニケーションがチームの雰囲気を良くしている様子がわかる。放送部では都市対抗の特集や生中継も行う予定!

女子バスケットボール部「アンテロープス」

10月にWリーグが開幕し、3連覇に向けての挑戦が始まる。「リーグ優勝したらNBA観戦」という1月12日の放送部でのアピールが実り、7月には念願のアメリカ遠征が実現。放送部でもその様子を紹介する予定だとか。

新しいシーズンはチームも若返り、キャプテンは川井麻衣選手、馬瓜ステファニー選手、山本麻衣選手の3人体制に。川井選手からは「若さをパワーに変えて3連覇を目指します!」と力強いコメントが届いた。VAMOS!

ラグビー部「トヨタヴェルブリッツ」

この夏の日本代表には4選手、NDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)には3選手が選ばれており、東本部長は「トップレベルで7人が経験して戻ってくる。これが大きい」と話す。「BBQ愛」を語る選手たちが、ご褒美の「肉100人分」を堪能するには、来シーズンこそ優勝しかない!

女子ソフトボール部「レッドテリアーズ」

放送時点で2位に3.5ゲーム差をつけて首位と絶好調。個人成績も、後藤希友投手が勝利数と防御率で1位。バッバ・ニクルス選手がホームラン1位、伊波菜々選手が盗塁1位。課題だった攻撃面も強化され、走攻守に充実している。

番組ではリクエストに応えて、後藤投手のピッチングをキャッチャー目線で見た映像も特別に公開。後藤投手の二刀流挑戦にも期待だ。立ち上がれっどてりあーず!

スケート部

10月には全日本距離別選手権。「大事な試合。ワールドカップの代表がこれで決まる」と東本部長は解説する。チームは心技体を鍛えるべく、他の運動部やプロスポーツ選手との交流も重ねてきた。横山大希選手から届けられたVTRでは、自慢の片足立ちのバランス力も披露された。

ビーチバレーボール部

西堀健実選手、橋本涼加選手、山田紗也香選手が、衣浦工場の練習場からライブで出演した。「全選手がパートナーを変えた中でシーズンが始まって、少しずつ結果が出てきた」と西堀選手は語る。ジャパンツアーファイナルを優勝したら練習場に冷水器が欲しいというリクエストに、東本部長は「予算の範囲内でしっかり捻出してまいりたい」と真面目にコメントして選手たちを笑わせた。

選手たちのアピールポイントは「足裏の熱さ我慢」と「7の倍数の計算」。鍛えられた足裏の強さには森田キャスターも納得していたが、計算の結果は如何に?

陸上長距離部

夏は世界陸上があり、11月の中部実業団対抗駅伝も重要な大会だ。部の大きな特徴が早朝練習で、東本部長は「半端なく早い、練習が5時半。起きてすぐ走りますから、それも蔵王山という山に」と説明する。来週7月6日の放送部で陸上長距離部の西山選手を特集するので、お楽しみに!

「アルバルク」&「グランパス」

バスケットボールの「アルバルク東京」は、ヘッドコーチをはじめメンバーが新体制に入れ替わり、拠点も代々木に移る。「名古屋グランパス」はルヴァンカップの連覇に期待がかかるほか、8月のJリーグはホームゲームでのイベント「鯱の大祭典」にも注目だ。

モータースポーツ

今年は9月にWEC富士6時間、11月には豊田市でWRCラリージャパンが開催。放送部での生中継は未定だが、視聴者からは「やってください」「コヅー足湯」など、アスリートキャスターの小塚崇彦さんの出演を期待する声も。

スーパーフォーミュラ、スーパーGT、スーパー耐久、全日本ラリーのシーズンも秋まで続く。GTでは大嶋和也選手・山下健太選手のGRスープラ、スーパーフォーミュラではル・マン24時間を制した平川亮選手らが上位につけている。エアレースの世界選手権も9月以降の開催予定で、室屋義秀選手のAmazingな飛行に期待したい。

個人競技

個人で活躍するトヨタアスリートたちのスケジュールと注目ポイントも、番組では一人ずつ詳しく解説した。東本部長からは、棒高跳びの山本聖途選手が指導を受けたコーチの「ダミアン・イノセンシオ」氏の名前をキーワードとして紹介。アーチェリーの武藤弘樹選手と同期の意外な競技の選手、フィギュアスケートの紀平梨花選手と仲の良い海外選手といったアスリート同士の写真も公開された。

モーグルの堀島行真選手が勉強中という英語でのメッセージ、フィギュアスケートの宇野昌磨選手が道具を入念に手入れする姿など、トヨタイムズならではの映像も盛りだくさん。パラ短距離の石田駆選手がピアノ演奏を披露したVTRを見て、森田キャスターが「イシダン」と新しい愛称を考案した理由も必見だ。

トヨタイムズ放送部2022年5月18日配信、トヨタ新人アスリート特集の際には「まだ前半部分しか仕上がっていない」と語っていたあの名曲の完成版を披露する石田駆選手

今回の放送のクライマックスは、円盤投げの湯上剛輝選手のウエイトトレーニングのVTRフリ部分と、アルペンスキーの森井大輝選手の筋肉についての解説。ここで紹介しきれなかった選手の分を含め、アーカイブを視聴していただきたい。トヨタアスリートを応援の力で支えよう、合言葉はパワー!!

毎週水曜日11:50からYouTubeで生配信しているトヨタイムズ放送部。次回(2022年7月6日)は、オレゴン2022世界陸上にマラソンで出場する西山雄介選手を特集。ゲストには東京2020オリンピックのマラソン代表、服部勇馬選手が出演する予定。ぜひ、お見逃しなく!

RECOMMEND