トヨタイムズ

連載企画:『継承者』〜創業の原点を考える〜 最後に

特集 2019.07.30 UPDATE

2018年86日、愛知県豊田市のトヨタ自動車本社において、創業者である豊田喜一郎の米国自動車殿堂入りを記念した式典が開催された。

正面のパネルには、喜一郎と共に、847名のトヨタグループの従業員、販売店、仕入先など、創業期を支えたメンバーの名前が記されている。このパネルにこめた想いについて、社長の豊田章男はこのように述べている。

「喜一郎は『自動車づくりは、みんなでやったんだ』との想いを強く持っていました。だから祖父であれば、『自動車殿堂にも、みんなで入るのだ。自分は代表して名前があるだけだ』。必ずそう言ったはずです」

今回の企画「継承者~創業の原点を考える~」の最後に、式典での豊田のメッセージをご覧ください。

RECOMMEND

「日本のクルマづくりを支える職人たち」第1回 木型職人 剣持正光

自動車業界を匠の技で支える「職人」特集。第1回はモータースポーツエンジンも手掛けた「木工の匠」に話を聞く

2021.03.31 UPDATE READ MORE

トヨタの技術トップが、東北で感じた再エネの可能性

日本でも、再エネを主力電源に?震災から10年、トヨタの技術トップが東北で目にしたものとは...。

2021.04.14 UPDATE READ MORE

ヤリスを生んだ、東北のモノづくり

欧州で最高評価を得た新型ヤリス。その裏には震災復興への豊田社長の想いと、東北のモノづくりの力があった

2021.04.09 UPDATE READ MORE