トヨタイムズ

連載企画:『継承者』〜創業の原点を考える〜 最後に

特集 2019.07.30 UPDATE

2018年86日、愛知県豊田市のトヨタ自動車本社において、創業者である豊田喜一郎の米国自動車殿堂入りを記念した式典が開催された。

正面のパネルには、喜一郎と共に、847名のトヨタグループの従業員、販売店、仕入先など、創業期を支えたメンバーの名前が記されている。このパネルにこめた想いについて、社長の豊田章男はこのように述べている。

「喜一郎は『自動車づくりは、みんなでやったんだ』との想いを強く持っていました。だから祖父であれば、『自動車殿堂にも、みんなで入るのだ。自分は代表して名前があるだけだ』。必ずそう言ったはずです」

今回の企画「継承者~創業の原点を考える~」の最後に、式典での豊田のメッセージをご覧ください。

RECOMMEND

「日本のクルマづくりを支える職人たち」第5回 プレス金型職人 和田安信

自動車業界を匠の技で支える「職人」特集。第5回はミクロン単位で理想的なボデー形状を追求する「プレス金型製作の匠」に話を聞く

2021.07.28 UPDATE READ MORE

豊田章男から、鈴木修相談役へ語られたメッセージ【全文公開】

商用事業でのアライアンス会見で、「このメッセージが届くように」と想いを込めて語られた内容とは。

2021.07.22 UPDATE READ MORE

水素エンジンは、「夢の扉を開けたエンジン」 〜自動車研究家 山本シンヤ氏インタビュー〜

レースの取材で会場を訪れていた自動車研究家の山本シンヤ氏。アポなしインタビューに快く応じてくれた。

2021.07.07 UPDATE READ MORE