トヨタイムズ

連載企画:『継承者』〜創業の原点を考える〜 最後に

特集 2019.07.30 UPDATE

2018年86日、愛知県豊田市のトヨタ自動車本社において、創業者である豊田喜一郎の米国自動車殿堂入りを記念した式典が開催された。

正面のパネルには、喜一郎と共に、847名のトヨタグループの従業員、販売店、仕入先など、創業期を支えたメンバーの名前が記されている。このパネルにこめた想いについて、社長の豊田章男はこのように述べている。

「喜一郎は『自動車づくりは、みんなでやったんだ』との想いを強く持っていました。だから祖父であれば、『自動車殿堂にも、みんなで入るのだ。自分は代表して名前があるだけだ』。必ずそう言ったはずです」

今回の企画「継承者~創業の原点を考える~」の最後に、式典での豊田のメッセージをご覧ください。

RECOMMEND

ノーベル化学賞・吉野彰×豊田章男 ~未来をつかむ思考~ 後編

リチウムイオン電池の発明を通じ、環境問題に向き合ってきた吉野氏。はたして、カーガイ・モリゾウと相いれるのか?

2020.04.30 UPDATE READ MORE

【密着】豊田章男の休息

トヨタイムズのカメラが豊田章男の散歩に密着!トヨタのトップは束の間の休息に何を考えているのか?

2020.10.26 UPDATE READ MORE

難しいことに挑戦するのが「トヨタマンのDNA」

トヨタにとって月面探査車への開発にはどんな意義があるのか。トヨタ側の視点から今回の挑戦について語っていただいた。

2020.09.18 UPDATE READ MORE