連載企画:『継承者』〜創業の原点を考える〜 最後に

連載企画:『継承者』〜創業の原点を考える〜 最後に

特集 2019.07.30 UPDATE

2018年86日、愛知県豊田市のトヨタ自動車本社において、創業者である豊田喜一郎の米国自動車殿堂入りを記念した式典が開催された。

正面のパネルには、喜一郎と共に、847名のトヨタグループの従業員、販売店、仕入先など、創業期を支えたメンバーの名前が記されている。このパネルにこめた想いについて、社長の豊田章男はこのように述べている。

「喜一郎は『自動車づくりは、みんなでやったんだ』との想いを強く持っていました。だから祖父であれば、『自動車殿堂にも、みんなで入るのだ。自分は代表して名前があるだけだ』。必ずそう言ったはずです」

今回の企画「継承者~創業の原点を考える~」の最後に、式典での豊田のメッセージをご覧ください。

SHARE

RECOMMEND

【第3章】鈴木修会長×豊田章男社長(聞き手 小谷真生子)「ここだけの話」

鈴木会長にとって、豊田社長は「厄介な存在」だった!?対談の最後に語ったのは、後継者の条件。

2019.09.18 UPDATE READ MORE

SUBARU×TOYOTA いっしょにいいクルマつくろう!

SUBARUとトヨタ、2人の社長の想いを掲載したSUBARU公式サイトの特集をトヨタイムズでも紹介!

2020.03.27 UPDATE READ MORE

#41 副社長も憧れの白い帽子 河合副社長インタビュー全文【トヨタ工業学園取材】

トヨタの副社長を務める河合満氏は、トヨタ工業学園の卒業生だ。河合副社長がかつて憧れた「白い帽子」とは。

2020.03.23 UPDATE READ MORE