トヨタのニュース
2022.11.17

いつまでハイブリッドをつくり続けるんだ...と言われる今、新型プリウス投入の意味

2022.11.17

「この喧嘩、おもしろいね」

Without a doubt, pursuing rationality, fuel efficiency and other numerical values imposes many restrictions and makes designing the car no easy task. However, we really believed that that the next step for Prius was to become a car without compromises in order to increase its appeal to the customer. A car that is loved not only for its numbers.

確かに、これまでのプリウスのように合理性や燃費性能などの数字を追求すると、制約が増えてデザインは簡単ではありません。しかし、お客さまへの訴求力を高めるためには、「妥協のないクルマ」をつくらなければならない、と心から信じていました。数字だけでなく、愛されるクルマ。

I honestly don’t think Akio thought we would be able to achieve this, given the difficulties we had faced in the past. But he did not oppose us. On the contrary, he gave us a chance to fight, saying our team’s choice of love instead of commodification was “interesting.”

章男社長は、過去の苦労から、それが実現できると思っていなかったと思います。でも章男社長は、我々開発陣を否定しませんでした。逆に、闘うチャンスをくれ、コモディティではなく愛車を選んだ開発陣に「この喧嘩おもしろいね」と言いました。

When he saw the final design, he said “That's cool!”

そしてデザインを見た時、彼は、「カッコいいね!」と言ってくれたのです。

Together, we chose love. Everybody, the new Prius.

私たちは愛車を選びました。これが新しいプリウスです。

プリウスの5つのポイント

We hope there will be many reasons to love this car, but here are my top 5!

このクルマを好きになる理由はたくさんあると思いますが、私のベスト5をご紹介しましょう。

Number 1, it’s beautiful, or at least I’d like to think so! So, what has changed this time? I think it was a mutual understanding that good design cannot be created by designers alone. The engineering team’s efforts to lower the ride height, lengthen the wheelbase, and increase the tire size to 19 inches are not exactly logical.

1. 美しさ。少なくとも私はそう思いたい! では、今回何が変わったのか? それは、「良いデザインはデザイナーだけではつくれない」という相互理解です。エンジニアリングチームは、車高を下げ、ホイールベースを長くし、タイヤを19インチにする努力をしましたが、必ずしもそれは論理的ではありません。

But because of that we were able to take the iconic silhouette of the Prius to the next level. It’s not only sleek, it’s strong and stable. It’s not only bold and simple, it’s full of surface movement, it’s got attitude! But it’s not just design that triggers an emotional response.

しかし、プリウスの象徴的なシルエットを次なるレベルへ昇華させることができたのです。なめらかなだけでなく、力強く、安定しており、また、大胆でシンプルなだけでなく、表面の動きも豊かです。しかし、感動を呼び起こすのは、デザインだけではありません。

Number 2, BEV with an engine. Dual Power with Synergy PHEVs deliver unparalleled performance thanks to the dual synergy of motor and engine.
2. エンジン付きBEV。相乗効果を発揮するデュアルパワー。PHEVは、モーターとエンジンのシナジーにより、圧倒的なパフォーマンスを実現します。
プラグインハイブリッドシステム(2.0L プロトタイプ)

It can accelerate from 0 to 100 km/h in 6 seconds. Its range in EV mode has been extended by more than 50% compared to the current vehicle. In many average usage situations, it is, to all intents and purposes an EV.

0~100km/h6秒台で駆け抜け、さらにEV走行できる距離を現行車と比較して50%以上伸ばし、日常の使用であれば、実質的にEV走行で楽しめます。

Number 3, amazing driving dynamics. The TNGA platform has matured, and the driving dynamics will not let you down.

3. 驚異のドライビング・ダイナミクス。TNGAプラットフォームはさらに熟成され、ドライビング・ダイナミクスでもあなたを失望させることはないでしょう。
プリウス(2.0L HEV プロトタイプ)

We have achieved a lower center of gravity, even with large-diameter tires. By increasing the rigidity of the body, we have achieved firm and stable response in straight lines and easy line tracing in corners according to the driver’s intention.Combined with the latest powertrain, the result is an even more captivating driving experience.

大径タイヤを装着しつつ、低重心化を実現。ボディ剛性を高めることにより、直線ではしっかりと安定した応答性を、コーナーではドライバーの意思に応じた、ライントレースのしやすさを叶えました。これに最新のパワートレインを組み合わせることで、より魅惑的な運動性能を実現しています。これに最新のパワートレインを組み合わせることで、より魅惑的な運動性能を実現しています。


Number 4, digitization and quality. In this day and age, a superior integrated digital experience should not be ignored. Not only has a 12.3-inch center screen been adopted, but the layout is such that the digital environment enhances rather than detracts from the driving experience.

4. デジタル化と品質。そして今の時代、優れた統合デジタル体験も無視できません。12.3インチのセンタースクリーンを採用しただけでなく、デジタル環境がドライビング体験を損なうことなく、むしろ高めるようなレイアウトとしています。
プリウスのインテリア 写真は海外仕様(2.0L PHEV プロトタイプ)

Combined with high material quality and innovative illumination, we have also made the interior user experience a captivating one.
また、高い素材品質や革新的なイルミネーションを組み合わせることで、インテリアのユーザーエクスペリエンスも人々の心をつかむものに仕上げました。

Number 5, and yes, it is still the most efficient hybrid vehicle in its class, in the world. You can be safe in the knowledge that all the exciting stuff has not come at the expense of actively contributing to carbon neutrality.
5. そして、それらを叶えつつ依然として世界で最も効率の良いハイブリッドカーであること。カーボンニュートラルへの積極的な貢献を犠牲にしている訳ではないのでご安心を。

The road to zero emissions is certainly a steep one. But we must not forget that we are doing it for the sake of the earth.

ゼロエミッションへの道のりは、確かに険しいものです。でも、地球のために行動しているのだということを、私たちは忘れてはいけません。

Beyond Zero, a brighter and happier future awaits all of us. But that journey has to start, not only today, but also with the maximum number of active participants.

ゼロの向こう側(Beyond zero)には、より明るく幸せな未来が待っています。しかしそこに辿りつくためには、世界中の多くの人が、今すぐ行動しなければならないのです。

Whether the technology is battery electric, plug-in hybrid, fuel cell, hybrid, hydrogen, or some yet-to-be-discovered technology, we will make every effort to offer better solutions for the majority of people around the world.
BEV、PHEVFCEVHEV、水素、あるいは、まだ発見されていない技術など、どのような状況にあっても、世界中の人々に、より良いソリューションを提供するために、あらゆる努力を惜しみません。

答えを知っているのはお客さま

Will commodities or love prevail? That’s only something the customer can answer. How do you guys think this match will go? Personally, I look forward to seeing people around the world enjoying and growing to love the new Prius.

「コモディティが勝つか」「愛車が勝つか」。答えを知っているのはお客さまだけです。勝負の行方、みなさんはどうなると思いますか? 自分としては、新たなプリウスが、世界中の人々に選ばれ、そして愛される日を楽しみにしています。

RECOMMEND