トヨタイムズ

メディア対抗ロードスター4時間耐久レース

TOYOTA NEWS 2019.10.04 UPDATE


9月7日(土)筑波サーキットで行われた「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」に“モリゾウ”こと豊田章男が出場した。

その名のとおり、マツダのロードスターだけが走るレースである。

参加しているのは、雑誌、ウェブ、ラジオなど
さまざまな媒体で自動車のことを報じている
いわゆる”自動車メディア”の人たちばかりである。
(逆にメディアでないと出られない。)

このレースは歴史も長い。1989年(平成元年)のロードスターの誕生とともに始まり、今年で30周年を迎える。

豊田は、以前からこのレースのことを知っていたそうだ。
そして、以前から”出たい”と思っていたらしいが「所属している会社が違う」ということで遠慮していたらしい。

しかし、トヨタイムズが今年の1月から始まった。
トヨタイムズだって自動車のことを報じているメディアである。

「じゃあトヨタイムズでチームを作れば出られるじゃん…」
豊田は、そう思ったそうだ。

そこに、本大会の30周年を記念して…
ということでマツダからの声がかかった。

「これは断るという選択肢はないでしょ!」(豊田本人談)

というわけで、トヨタイムズではトヨタの社長がマツダのクルマでレースに出た一日を追った。

レースに向けた目標を聞かれた豊田は「ドライバーになりたいと思います!」と言っていた。

あとから本人に聞いたら、お誘いいただいたマツダの皆さまに感謝の気持ちを込めて言った…とのことだった。

マツダの皆さま、ありがとうございました!

レース当日の模様は、こちらの記事も是非ご覧ください。

https://www.mazda.com/ja/innovation/
motorsports/media4tai/2019report/

RECOMMEND

豪州トヨタが政府にコロナ給付金を返した理由

豪州トヨタが政府へ雇用維持給付金を返還し、話題になった。トヨタイムズでは決断に至ったストーリーを紹介する。

2021.04.19 UPDATE READ MORE

「日本のクルマづくりを支える職人たち」第2回 鋳造職人 元木清秀

自動車業界を匠の技で支える「職人」特集。第2回は特許技術の開発にも携わった「鋳造の匠」に話を聞く

2021.04.21 UPDATE READ MORE

ヤリス欧州COTY受賞 ヤリスの受賞は欧州でどう受け止められたのか

ヤリスの欧州COTY受賞は、欧州でどう受け止められているのか。反響を探るべく、森田記者が現地で事業や生産、販売に携わる3名に取材した。

2021.04.22 UPDATE READ MORE