豊田社長がサプライズ ディーラーを愛し、ディーラーに愛された友へ

2022.11.04

友に捧げるアキオ流サプライズ

ここから、豊田社長自ら準備していた、ボブへのサプライズパートに入る。実は、この場にボブを呼ぼうと提案したのも豊田社長。北米トヨタを町いちばんの会社にするために尽力してくれた功労者にスポットライトを当てた。

Now I think it’s obvious that there’s been a significant absence on this stage so far today.
さて、ここまでお話してまいりましたが、「ステージ上にいるべき人がいない」。皆さん、そんな感覚をお持ちだと思います。

I first met Bob Carter in 2009, when he had the difficult task of updating me on U.S. sales just after the financial crisis.
私がボブ・カーターと初めて会ったのは2009年のことでした。リーマン・ショックの直後の米国販売について私にブリーフィングをするという難しいタスクを負っていたのがボブでした。

What I immediately appreciated about Bob was that he told me the truth without any B.S. or “Detarame” as we say in Japan.
ただ、私にとって非常に有難かったのは、ボブは常に真実を語ってくれたことです。日本語で言うところの「でたらめ」は言いませんでした。

He was accessible to every dealer 24/7 and never let a text or phone call go unreturned. Except for mine!
ボブは、どのディーラーとも、24時間いつでも連絡し合える関係にありました。メールや電話は必ず返しました。私からのもの以外は、ですが!()

He is as passionate about this company as anyone I know. In fact, he might as well go by the name Bob Toyoda. He is and always will be simply the best.
ボブは、他の誰よりもトヨタへの情熱を持っていました。彼の名前を、ボブ・カーターではなく「ボブ・トヨダ」にした方が良いくらいです。ボブは本当に素晴らしい人です。

ここで会場では、ボブの足跡をまとめたビデオが流れた。そこには、年間200日は出張していたというボブがディーラーの人たちと過ごした日々やこれまでの数々の功績が収められていた。

41年間、常に販売の現場に寄り添い、信頼をつないでくれたボブ。4分ほどの映像が終わると、豊田社長はステージに本人を迎え入れた。

Ladies and gentlemen, please welcome to the stage my friend, Bob Carter.

皆さん、私の友人であるボブ・カーターです!

大きな拍手に迎えられ登壇したボブの目には光るものがあった。豊田社長とハグを交わし、時折、声を詰まらせながら、ボブは話し始めた。

ディーラーへの感謝。豊田社長への感謝。そして、口癖のように言ってきた「トヨタの財産は人と商品だ」ということ。

豊田社長との思い出については、「LEXUSは退屈だ」とジャーナリストに言われた2011年のLEXUS GSの発表会に触れた。

No more boring cars」(もう、退屈なクルマはつくらない)と豊田社長が誓った場面を振り返り、会場に呼び掛けた。

「皆さん、今日ご覧になった商品はいかがでしたか!?」。客席は歓声と拍手でそれに答えた。

41年のキャリアで、感謝してもし切れない想いを伝えたボブと固い握手を交わすと、豊田社長はもう一つのサプライズを動かした。

So I know you’re going to be on your motorcycle quite a bit in your retirement, unfortunately we don’t make motorcycles. But we got you a little something for the road.
ボブ、退任してからはバイクで旅をすると言っていましたね。残念ながらトヨタはバイクをつくっていませんが、道中使えるものをプレゼントしたいと思います。

ステージの奥から北米トヨタの小川哲男社長とボブ後任のジャック・ホリス副社長がライダースジャケットを持ってきた。ボブが袖を通すと、再び大きな拍手が送られた。

I like it! It’s a good look on you !
似合っているね!

スピーチをつくり込む過程から、リハーサル、当日の登壇のギリギリまで、ボブにスポットライトを当てることにこだわった豊田社長。

ディーラーに行くと、店舗の奥にいるメカニック、保険スタッフなど、全員と握手して会話をしていたというほど、ディーラーを愛し、ディーラーに愛されてきたボブへ最大限の感謝を表現した。

「正しいことをやる」が問われている

ボブの降壇を見届けて、豊田社長は再び話し始めた。ボブが築き上げてきたディーラーとの絆の大切さをアキオ流に伝えた。

I think we can all agree that the world is a different place than it was a few years ago. And the weight of it seems heavier. Many have benefitted from the pandemic, but the majority have struggled. And we cannot forget that.
皆さんご承知のとおり、世界はこの数年間で大きく変わりました。世界は、重苦しくなっているように感じます。パンデミックがプラスになった人もたくさんいます。ただ、大多数は、苦しんでいるのが実態です。それを忘れるべきではありません。

In the past you’ve heard me say: “Do the right thing and the money will follow.”
以前(世界大会で)、「正しいことをやれば、お金(利益)は絶対についてくる」と私が言ったのをご記憶でしょうか。

Well today I think it really just comes down to “do the right thing.” Do the right thing for others, for your community, for the world. All of us here in this room are extremely fortunate and I hope, like me, you are equally grateful.
今の世の中では、「正しいことをやる」ことの意味が本当に問われていると思います。他人のために、コミュニティのために、世の中のために、正しいことをやる、ということです。この場にいる私たちは、非常に恵まれています。ありがとうと言い合える関係にもあると思います。

We have created an amazing business together. But as rosy as it seems right now, I know you are anxious about the future. I know you are worried about how this business will change.
私たちはともに、素晴らしいビジネスを行っています。しかし、今、足元が「バラ色」に見えるのと同じくらい、皆さん、将来に対して不安もあると思います。ディーラーの位置づけがどのように変わるのか、心配されていると思います。

While I can’t predict the future, I can promise you this. You, me, us, this business, this franchise model... it’s not going anywhere. It’s staying just as it is.
私は未来を予測することはできませんが、これだけは約束できます。皆さんと、私と、私たちで一緒にやること。このビジネス、フランチャイズモデルは決してなくなりません。今の形のまま、これからもやっていきます。

There is no Toyota without you. And that’s what I’d like us to appreciate most about today... our connection, our friendship, our partnership.
皆さんの存在なくして、トヨタはトヨタにはなれません。今日は、まさに私たちのつながり、フレンドシップ、パートナーシップについて私の感謝の気持ちを皆さんにお伝えしたいのです。

My job is not always easy to be sure, but everything I do, every decision I make, from products to people, to policy is made with your best interests at heart.
私の仕事には難しいこともたくさんあります。ただ、商品、人、政策・戦略など、あらゆる意思決定を行う際、私は皆さんのことを心にとめています。

Because ladies and gentlemen, it’s really this simple: I love cars. I love building cars, I love driving cars, and I love selling cars with all of you.
なぜか。その答えはシンプルです。私はクルマが大好きです。クルマづくりも、運転も大好きです。そして、皆さんと一緒にクルマを売ることも大好きです。

So thank you for lifting me up today. And thank you for believing in me, in Toyota and in the strength of our future. Together, we win as one. Thank you very much.
今日は皆さんから元気をもらいました。ありがとうございます。そして、私を信じてくださり、トヨタや私たちの未来の可能性を信じてくださり、本当にありがとうございます。心ひとつに、勝ち残りましょう。ありがとうございました。

ボブはメディアの取材に「我々のブランドの最大の差別化要因はディーラーとの関係であり、彼らが地域社会で提供するサービスはどこにも負けない」と語っている。

そんなボブを称えた豊田社長は、ディーラーとの関係は変わらないと語り、未来へ向けて、「チームで戦い、勝ち残ろう」と強調した。

日ごろ、数値目標を掲げることも、他メーカーと比較することもない豊田社長のその発言には、大きな時代の変化の中でも、ステークホルダーとともに持続的に成長し、生き抜いていくという並々ならぬ覚悟が表れていた。

スピーチは長いスタンディングオベーションで終わった。ディーラーからは「Thank you, Akio!」という言葉が飛び交った。

RECOMMEND