12年ぶりのラリージャパンがいよいよ開幕!勝田貴元選手と巡る「隠れ観戦スポット」

2022.11.07

ラリージャパン参戦のため、普段生活しているフィンランドから帰国中の勝田。
12年ぶりの開催となるラリージャパンは、彼にとっては初めての“母国でのWRC”だ。
そんな勝田に開催地の魅力を知ってもらおうと、富川悠太が「コ・ドライバー」(助手席で指示を出す役)を務め、愛車のGRヤリスで、愛知と岐阜のリエゾン(ラリーカーが移動のために走る一般道)周辺を巡った。

ともに愛知出身の勝田と富川。地元トークに花を咲かせながら向かったのは、豊田市の山あいにある、とある蕎麦店。土日月限定で、夫婦2人で営むこの店では、毎日朝から打つ、こだわりの香り高いお蕎麦を楽しむことができる…のだが、ご紹介したいのは蕎麦だけではない。実はこの店、席からリエゾンを見下ろすことができる。取材中に見つけた、「隠れ観戦スポット」だ。

このほかにも、最高のロケーションでラリーカーを見ることができる観戦スポットを勝田とともにご紹介。ぜひ、観戦前にご覧ください。
(注:競技ルールを遵守し競技区間=スペシャルステージは走行しておりません)

00:44 唯一出場の日本人・勝田貴元選手
02:23 勝田選手の愛車「GRヤリス」
03:21 “コドラ”富川悠太が地元を案内
04:18 そもそもラリーってどんな競技?
05:29 「岡崎SS」の“隠れ観戦スポット”とは?
08:11 勝田選手、お腹が減る…
08:54 こだわり蕎麦店で「ラリー観戦」
11:00 「二八そば」打ちます
14:09 老舗うなぎ店に集まっていたのは…

RECOMMEND