WRCの選手達に会えるスポット?ファンも入れる「サービスパーク」を中嶋一貴がご案内

2022.10.28

WRC(世界ラリー選手権)第9戦、ラリー・イープルを取材中の富川悠太が遭遇したのは、元レーシングドライバーの中嶋一貴。ル・マン三連覇、WEC(世界耐久選手権)で日本人初のチャンピオンとなるなどの偉業を成し遂げ、現在はTOYOTA GAZOO Racing Europeの副会長を務めている。ひょんなことから、彼にラリーの開催地での楽しみ方を教えてもらえることとなった。

中嶋が案内するのは、ラリーカーの整備を行う「サービスパーク」。
一般客でも入ることのできるエリアで、運が良ければ選手にも遭遇することができるという。取材中にも、快進撃を続けるカッレ・ロバンペラ選手(今月、史上最年少でWRCドライバーズタイトルを獲得)が現れると、ざわめくファンたちにサインをし始め…この続きは、ぜひ動画で。

このサービスパーク、来月10~13日にかけて愛知・岐阜で開催されるラリージャパンでは、豊田スタジアム(愛知県豊田市)に設営される予定だ。(注:有料エリア)また、無料エリアでも、11月12~13日にかけて、「うまいものフードパーク」(スカイホール豊田)や「EV+ Experience 2022」(豊田市駅前)が開催されるなど、誰でもクルマや食事を楽しむことができる。来月の予行演習がてら、ご覧いただきたい。

00:44 「サービスパーク」の内部に潜入
01:49 中嶋一貴さんと、まさかの出会い!
03:33 “推し選手”にサインをもらう方法とは?
06:42 各チームで特色が変化する「サービスパーク」
08:19 “世界王者”と特設イベントでラリー対決
11:29 ベルギーのご当地グルメを味わいました
13:18 レース終了後の醍醐味…?

RECOMMEND