トヨタイムズ

ノーベル化学賞・吉野彰×豊田章男 ~未来をつかむ思考~ 前編

特集 2020.04.28 UPDATE

2020年2月14日、トヨタ自動車東京本社の社長室。前年にノーベル化学賞を受賞した旭化成・名誉フェローの吉野彰氏とトヨタ自動車社長の豊田章男が顔を合わせた。

2人が初めて出会ったのは、その2カ月ほど前。新幹線を降りた豊田が、乗りこもうとしていた吉野氏に遭遇し、短いあいさつを交わした。実は、吉野氏にとって豊田は「ノーベル賞をいただく前からずっとお会いしたいと思っていた」相手。豊田も吉野氏が雑誌のインタビューで自分の名前を挙げていたことを耳にしており、互いに不思議な縁を感じる出会いとなった。

そんな巡りあわせもあって対談が実現。話題はノーベル賞の裏話から、2人の若かりし頃のエピソードにも発展。ほぼ初対面ながら、対談は当初予定を大幅に過ぎ、1時間半に及んだ。

研究者と経営者―。立場は違えど、共通するのは「無私の心で、未来を見据えている者同士」であるということ。前後編の2回にわたってお届けする。

前編 対談テーマ
ノーベル賞の裏側 受賞の鍵は「電気自動車」
攻めに出るのは…「35歳」
吉野先生の疑問…「トヨタイムズって何?」
いかに「長期的視野(ロングレンジ)」で考えるか
私利私欲が消えた「30代の出来事」
2人への質問―「外部の視点の必要性」

吉野彰(よしのあきら)氏プロフィール:
https://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/r_and_d/interview/yoshino/profile.html

RECOMMEND

道をつくり、クルマを鍛える──ランクルマイスターが語る、もっといいランクルづくりとは【後編】

ランドクルーザーを鍛えるために世界中の悪路が再現されているという、士別試験場のFコースを取材した。

2021.10.22 UPDATE READ MORE

トヨタ自動車と運動部は一心同体の関係だった

10月13日のトヨタイムズ放送部では、総務人事本部・副部長をゲストにトヨタと運動部の関係にまつわる熱いトークが展開された。

2021.10.18 UPDATE READ MORE

水素エンジンは、「夢の扉を開けたエンジン」 〜自動車研究家 山本シンヤ氏インタビュー〜

レースの取材で会場を訪れていた自動車研究家の山本シンヤ氏。アポなしインタビューに快く応じてくれた。

2021.07.07 UPDATE READ MORE