トヨタイムズ

IPCからトヨタに届いた感謝のメッセージ

スポーツ 2021.09.21 UPDATE

東京2020パラリンピックが202195日、閉幕した。世界中からパラアスリートたちが日本に集い、高いレベルの競技を見せてくれた。

大会の閉会に合わせ、国際パラリンピック委員会(IPC)からトヨタに1本のビデオメッセージが届いた。それはワールドワイド・パラリンピック・パートナーとして大会を支えたトヨタへの感謝のメッセージだった。トヨタのサポートがアスリートたちをどのように支え、何を実現したのか。パラアスリートからのビデオメッセージを、ぜひご覧いただきたい。

パラアスリートを代表してメッセージを伝えてくれたのはウガンダのパラスイマー、フスナ・ククンダクウェ選手だ。

IPCとトヨタのパートナーシップによって設立された「NPCディベロップメント・プログラム」が、多くの国でパラアスリートとパラスポーツの開発・育成を支援してきた。

このプログラムにより、新たに5カ国、120名の選手が東京2020パラリンピックに参加することができた。障がいを抱える選手たちが目標を持ち、諦めずに努力する姿勢を身につけられた、とククンダクウェ選手。

パラリンピックの開幕にあたって行われた森田記者によるIPC前会長インタビューの中で、クレイヴァン氏はこう語っていた。

クレイヴァン:
トヨタとIPC、どちらの組織も同じように闘志を持っています。そして、より多様でインクルーシブ(包摂的)な社会にどのように貢献していくかを常に考えています。トヨタはモビリティを通じて。IPCはスポーツを通じて。

この共通する価値観をともに追求するために、トヨタはパラリンピックをサポートしているのだ。

Tokyo 2020が終わっても、さよならではありません。私たちの挑戦は続きます。可能性は無限大にあり、私たちは決して諦めません」

ビデオメッセージは、そんな力強い言葉で締めくくられていた。

RECOMMEND

豊田社長が語った「Woven Cityは“テストコース”」

10月6日に再スタートしたトヨタイムズ放送部。初回ゲストの豊田章男社長がWoven Cityについての考えを示した。

2021.10.12 UPDATE READ MORE

水素エンジンは、「夢の扉を開けたエンジン」 〜自動車研究家 山本シンヤ氏インタビュー〜

レースの取材で会場を訪れていた自動車研究家の山本シンヤ氏。アポなしインタビューに快く応じてくれた。

2021.07.07 UPDATE READ MORE

「日本のクルマづくりを支える職人たち」第6回 塗装職人 宮地敬司

自動車業界を匠の技で支える「職人」特集。第6回は「もっと美しい塗装の開発」と「後継者の育成」に取り組む「塗装の匠」に話を聞く

2021.09.03 UPDATE READ MORE