トヨタイムズ

「リアルの世界の底力〜豊田章男がサプライヤーのトップに伝えたかったこと〜」

TOYOTA NEWS 2019.02.28 UPDATE

2019年2月21日。世界中から800名を超えるサプライヤーのトップが名古屋に集まった。「グローバル仕入先総会」と呼ばれる一大イベントに参加するためだ。
この総会は、サプライヤー各社にトヨタの調達方針を伝えるだけではなく、100年に一度の大変革の時代を共に生き抜く決意を確かめ合う場としての色合いが年々強くなってきている。
パナソニック、小島プレス、コンチネンタルなど、グローバルトヨタのモノづくりを支える企業のトップを前に、豊田章男が見せたのは、総会2日前に行われたトヨタの企業内訓練校「トヨタ工業学園」の卒業式の映像だった。豊田は何を伝えようとしたのか。

RECOMMEND

なぜ今、トヨタが「足踏み式消毒スタンド」を販売するのか

指示されたわけでも、競い合ったわけでもない。大切な人を守りたいという想いで、気付けば各所で始まっていたモノづくりの現場を取材した。

2021.01.20 UPDATE READ MORE

クルマを走らせる550万人へ。

2021年元旦、「私たちは、動く。」という広告が新聞各紙に掲載された。
クルマを走らせる550万人というハッシュタグと共に文章が記されている。

2021.01.01 UPDATE READ MORE

トヨタの現在地を確認できた95分間

関係者向けの極秘映像を見終わった香川編集長。豊田社長が世界の仲間に送った熱いメッセージに何を思ったのか。

2020.12.04 UPDATE READ MORE