豊田章男が語ったトヨタの未来とは 極秘映像を香川編集長が見た!

2020.11.23

トヨタでは、4年に1度、世界中の販売関係者に感謝と今後の方向性を示す「トヨタ世界大会」を開催している。

従来通りであれば、販売関係のトップが一箇所に集まって開催されるが、今年はコロナ禍により、それができない。

でも、そんな状況だからこそ、みんなにメッセージを届けたいと豊田社長は考えた。

そうして行われたのがメッセージを映像にして届けるという「バーチャル世界大会」。

バーチャルだったら、販売関係だけでなく、世界各国にいるもっと大勢のトヨタの仲間たちにも想いを届けられる。こんな状況を逆手にとってやろうという発想だ。

今回トヨタイムズは、そのメッセージ映像を入手。コロナ禍によって先が見通せない状況の中、豊田社長は世界で働く仲間たちに向けて何を発信したのか。インナー向けの映像だけに、極秘事項も含まれているようだ。

「さっそく始めたいと思います」と席に着いた香川編集長の前に置かれていたのは、一通の誓約書。今回の映像は機密事項が含まれるため、秘密保持契約を結ばないと見られないという。

「すごい重要な機密事項が語られるってことなんだよな。」と高まる期待を胸にサインした香川編集長。いよいよ映像がスタートした。

パンデミックで人々の距離が縮まった

映像がスタート

大スクリーンを前に「なんかひとりで映画見せられるみたいだね、これ」と楽しそうな香川編集長。スクリーン上に現れた豊田社長は、4年に1度の世界大会が、コロナ禍によってオンラインという形になったのは自分にとっても残念だった、と切り出した。それでも必ず来るであろうより良い日々のために、リモートでトヨタの未来を直接伝えることにしたという。

パンデミック下で過ごす世界中の従業員やその家族を気遣い、心からのお見舞いを伝えた豊田社長は、パンデミックの影響についてこう続けた。

トヨタの未来を直接伝える豊田社長

豊田章男(トヨタ自動車社長)
このパンデミックがどれほど大きなもので、どれほど世界を変えてしまったか、理解することすら難しいと思っております。考えてみればすごいことです。私たちを物理的に引き離した出来事が、ある意味、私たちをもっと近づけてくれたのですから。家族やコミュニティはもっと近づき、我々のような企業は一体感をさらに強めたものと思います。”

“我々全員が立ち止まり、何に感謝しているかを考えるきっかけになったのではないでしょうか。”

香川照之(トヨタイムズ編集長)
何に感謝しているかを考えるきっかけになった。そうだな、そういう年だな。

豊田
“私個人としては、トヨタとして世の中のお役に立ちたい、という思いが一層強くなりました。私たちはこれまでも常に「お客様第一」と言ってきました。ただ今は、私たちのお客様であろうとなかろうと、これまで以上に「人中心」の考え方が重要だと思います。”

香川
そう、人と人との距離が離れたのに「人中心」。

豊田
なぜなら、トヨタはこの地球、そしてそこに住む人々の暮らしをより良くする責任があると思うからです。”

サプライヤーも全力で支えていく

48カ国に36万人もの社員がいる

48カ国に36万人もの社員がいるトヨタ。それだけの規模を持つからこそ、その行動によって世界に大きな影響を与えられる。

続いて豊田社長は、生産チームがソーシャルディスタンスを守りながら生産を維持するなど、トヨタがコロナ禍に驚くほど柔軟に対応したことにも感謝した。

豊田
“業績は昨年を下回るものの、思っていたほど悪くはありません。これは皆様のおかげにほかなりません。この場を借りて心から感謝申し上げます。”

香川
そりゃ、業績は下回るけど…

豊田
“現状、最大の懸念である1次・2次含めた全サプライヤーについても全力で支えるべく取り組んでいます。”

香川
サプライチェーンのね、うん。

豊田
“いつになったらこのパンデミックが終わるのかはわかりませんが、いつかは収まる。それだけは断言できます。そして必ず皆で越えていけます。”

香川
いつかは収まる。終わらないものはないんだ。言い切ったよ。

100年に1度の大変革に向けた取り組み

「KAIZEN(改善)」がすべての中心にある

コロナ禍における現状について紹介した豊田社長は「明るい未来に目を向けましょう」、と話題を切り替えた。

より良いトヨタになるための鍵として、豊田社長は「KAIZEN(改善)」がすべての中心にあると説明。グローバルで一体感のある「One TOYOTA」を実現しようと呼びかけた。そのための取り組みのひとつとして、北米本社の新社屋を紹介。生産と販売を同じ場所に集めたことで、より良いコミュニケーションと効率性が実現した。

次に豊田社長は、自動車業界が直面する「100年に1度の大変革期」について言及。変化はさまざまな形で近づいてきているが、「私たちはその準備ができております」と自信を見せた。

過去5年の間に、自動化やロボット技術、新しい電池素材の開発に取り組むトヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)を創設。さらにクルマのデータを活用して新しいサービスを提供するトヨタ・コネクティッドや、電動化車両の開発に特化したトヨタZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)ファクトリーも立ち上げた。ソフトウェアのプラットフォームを開発するTRI-ADの新設も、変革に向けた取り組みのひとつだ。

トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)を創設

取材で訪れた会社の映像が流れるたびに「ロボティクス、電動化、全部体験したぞ!」「自動運転乗ったね。みんな元気かなー」と今までの取材を振り返る香川編集長。「これが全部、綿々とつながっているんだよなー」と感慨深げだ。

さらに豊田社長は言葉をつなぐ。トヨタは社内だけではなく、外部とのパートナーシップも強化しているという。グループ会社のデンソーや豊田通商に加え、BMW やBYD、SUBARUといった直接のライバル、さらにUberやNTT、マイクロソフト、アマゾン、CATL、パナソニックといった他業界のパートナーとも積極的に手を組んでいる。

香川
もはや、もう自動車会社ひとつのことじゃないんだね。社長が、今年の頭に「この指とまれ」と、「私と一緒にやる人手を挙げてください」と言ったけど、このことを言ってたんだよな。

豊田
“彼らと力を合わせていけば、私たちは自動車会社からモビリティカンパニーへ変革できると信じております。

極秘情報満載!新モデルが続々登場

自動車会社からモビリティカンパニーへ

次期モデルの開発にあたっては「当初の目的にかなっているのか」「道から外れていないか」を、エンジニアやデザイナーに質問してきたという豊田社長。「聖域なんてどこにもないはずです」と新たな時代に合わせて自らも変えていく、という強い意志を見せる。「出たよ、聖域なき改善」と喜ぶ香川編集長。

豊田
“開発途上国も含めたすべての人々のニーズに応えられるような、今までにない新しい商品を開発するように、チームへお願いしました。”

香川
これ、絶対ピーが入るとこですよ

そしていよいよ、新型車の情報が明らかにされる。現段階では、その情報をトヨタイムズ紙面で明らかにすることはできないため、香川編集長の反応を見てご想像いただきたい。

新型車の情報

香川
なんだこれ。知らないよ!我々の知らないクルマです!
おいおいおい、ちょっとちょっと、これはね、見せられない。これはダメ!
うお、すげえ!ダメダメ、これ未来、完全に。
人を助けるため?なるほどねー。
お〜なんかニワトリ乗ってるよ!
そうか、ロックダウン中に。ほらやっぱ拍車かけてんだよ。逆手にとって強く出てるっていう。
その地域地域のニーズにあったクルマの開発なんだな。それを今これやってるってことね。
いやこれ発想面白いな。

続いて紹介されたのは新型のクラウンだ。「私の記憶にある限り、クラウンはずっとトヨタのフラッグシップセダンとして君臨しています」と豊田社長。その歴史は古く、社長よりも年上だ。そんなクラウンも例外ではない。どうやら大胆なモデルチェンジを計画しているようだ。

豊田社長の子供の頃

豊田
“子供時代を振り返ると、クラウンとの素晴らしい思い出がたくさんあります。”

香川
これ社長?私、編集長もクラウンに、母親のクラウンに乗ってた時代ありました。

豊田
“では、なぜそれを変えるのか。”

香川
危険なこと言ってるよ、社長。

豊田
“先ほど申し上げた通り、今やどこにも聖域などないからです。私は新型クラウンを、これまでの概念にとらわれず新しい視点で考えるようにお願いしました。”

新型クラウン

香川
え?何にしちゃうの?見してよ、早く…。
え…?えっ!?やっちまったなあ!
だからマイナーチェンジしない代わりに、こうするの。
これほしいわ!できてるよ!運転したら楽しいだろうなって思うもん。ちくしょうめ!
さあ、このクラウンはすげえぞ。見ちゃったぞ!

ランドクルーザーは来年70周年

さらにランドクルーザーもお披露目された。

豊田
“ランドクルーザーはレジェンドです。”

香川
ランドクルーザーでた。これも変えるの?

豊田
“ランドクルーザーは来年70周年を迎えます。そして彼らは13年以上の間、この時期モデルを待ち続けているのです”

香川
うお、かっこいいじゃん!
いいね。やっぱり運転したくなるクルマを輩出してるね。
そうですよ、これから地球はね、いろいろな環境変化が起きてこういうことがいっぱい起きる可能性があるわけだ。
必要とされてるね。ランドクルーザー。

新型EVも、次期プリウスも

月面車「ルナクルーザー」

豊田社長はJAXA(宇宙航空研究開発機構)や他の様々な企業と共同開発を進めている月面車「ルナクルーザー」も紹介。ランドクルーザーが、どんな道でも人々の命を守るクルマであるように、ルナクルーザーは月のためのランドクルーザーとして開発が進められている。「いつの日か、私自身が月で運転できることを夢見ています」と豊田社長。

話題は電動化へと移る。「こちらがグローバルで発売する最初のモデルです」と、またまた新型車が登場。どうやらEVのグローバルモデルのようだ。「また外見が出てきちゃいました。これ、写せません!」「内装を見てくれよ!あー、やばいやばい。一カ所やばいところあるよ」と香川編集長も大興奮。

昨年のEVのグローバル販売は2%

2025年までにすべてのモデルにハイブリッド(HV)やプラグインハイブリッド(PHV)、または電動グレードを設定することが目標だと語る豊田社長。「トヨタの中で誰よりも推進しているのは私です」と言い切る豊田社長に、香川編集長は「電動車を推薦してんの?ガソリン臭い車も推進してるのに?」と半信半疑。だがPHVを含むHVの需要は今後5年間で6倍になるという。そこで重要になるのがHVの先駆けであるプリウスだ。なんとこちらも次期モデルの外観が映像に写っている模様。

ハイブリッドの先駆者

香川
出ました、プリウス。ハイブリッドの先駆者。

豊田

「セクシー」や「クール」という言葉はプリウスを語るときに使われないかもしれません。でも、この次期モデルの新しいデザインであれば、それは変わるかもしれません。”

プリウスの次期モデル

香川
次期モデルだって。またこれ、また見せられないとこですよ。あらららら。おー、プリウスも

でもプリウスって、クラスの中でも目立たない存在で、でも性能はいい。お勉強ができて、ちゃんと早く寝て早く起きて、みたいなイメージがあるんだけど。これは見せられない!

(中略)

豊田

ハイブリッドは、トヨタの2050年CO2ゼロチャレンジの柱でもあります。CO2排出量を、2050年までに2010年と比べて90%削減することを目指しております。究極の目標は、いつの日か私たちのクルマが、ゼロを超えて走りながら空気をきれいにしていくことです。”

ハイブリッドはトヨタのCO2ゼロチャレンジの柱

香川
クルマが走ることで空気がきれいになるっていう時代がもし来たらすごいなあ。

電動化でトヨタより多くの選択肢を提供できる会社はない

水素を用いた燃料電池車(FCV)

続いて話題は水素を用いた燃料電池車(FCV)に移った。水素技術は商用車で導入が拡大しており、日本やポルトガル、中国ではすでに水素バスが走っている。開発中の月面車「ルナクルーザー」も動力源に同様の燃料電池技術を採用する。

先日公開された次期「MIRAI」の紹介に、香川編集長も大興奮。2020年1月1日に公開した豊田社長のロングインタビューで、最後に豊田社長と香川編集長が乗ったクルマがMIRAIのプロトタイプだったのだ。

MIRAIのプロトタイプ

「あれはねー、私が乗った中で最も静かなクルマでしたよ。あのときはレクサスの外見でしたけどね」と香川編集長。洗練されたデザインに、さらに高い性能を身につけて登場したMIRAIに、香川編集長も感慨ひとしお。

香川
間に合ったねー、いろんなものが。もう出るんでしょ。未来が現実になるんだよ。

豊田

“いずれにしても、電動化と言ったときに、トヨタよりも多くの選択肢を提供できる会社はいないでしょう。”

香川
そう、結局ね、電動化というものはただの電気自動車だけじゃないんだよ。トヨタの場合は多くの選択肢、つまり電気自動車、水素カー、ハイブリッド車、それぞれがどういうふうな良さがあるか、という選択肢を与えたんだな。

以前、豊田社長と香川編集長が乗ったクルマ「MIRAI」

みんなに愛されるクルマを作りたい、と豊田社長は熱弁をふるう。かっこいいクルマ、そして運転して楽しいクルマ。この点において、トヨタはこの10年でかなり進化した。それはWRC(世界ラリー選手権)やWEC(世界耐久選手権)、ル・マン、ダカール、GTカーのレースなど、モータースポーツに参戦してきたことも大きな要因のひとつだと豊田社長はいう。「トヨタのマスタードライバーとして、道が人を鍛え、道がクルマを鍛える」と力強く信念を語った。

「人」を中心においた技術の革新

次に飛び出したのは「CASE」の「A」、つまり自動化(Autonomy)の話。自動運転がクルマの未来に大きな変化をもたらすのは確実なこと。ただし、変化は突然訪れるわけではない。最も重要である「お客さまの安全」を確保しながら進めていく、と豊田社長は語る。

TRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)所長 ギル・プラット氏

映像に出てきたTRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)所長、ギル・プラット氏の姿を見て、思わず「ギル、元気かい」と声を上げる香川編集長。

トヨタが開発する自動運転が特徴的なのは、他社のように「人間を自動運転に置き換える」のではなく、「人間の運転能力の強化」を目指しているところ。「チームメイト」というコンセプトのもと、トヨタはいかにドライバーをサポートして安全を確保するかに注力している。それが、やがて来る完全自動運転への通過点となるからだ。

TRI-AD最高技術責任者 鯉渕健

鯉渕健(TRI-AD最高技術責任者)
“自動運転になるとFUNじゃなくなるんじゃないか。こういう質問をすごくいろいろなところで聞かれたり、議論になることがあります。例えば、お客さまが運転しているときに、後ろで自動運転が安全を見守っている。安全に楽しくクルマを運転できる。”

香川
共同で運転するって感覚だな。

さらにTRIでは、ロボット工業チームが人間をサポートするロボットの開発も進めており、人間がロボットを訓練する様子を公開した。ロボット開発は来るべき高齢化社会に向けての準備のひとつ。高齢者が、ロボットの手助けを借りながら、さまざまなことを自分でできるようになる。

トヨタは機械や製品で本当の幸せのためにどのような手助けができるか

ギル
“本当の幸せとは何でしょうか。機械や製品はそのためにどのような手助けができるでしょうか。私たちは、その答えを追い求めているのです。”

香川
引き続き研究してるんだろうな。

クルマづくりの方法そのものも変革する

「ウーブン・プラネット・グループ」と呼ばれるTRI-ADや、トヨタ・コネクティッド

「100年に一度の変革」に向け、トヨタは製品の作り方そのものも替えようとしている。数多くの重要なイノベーションを生み出してきたシリコンバレーのスタートアップ精神を取り込んでいるのだ。ソフトウェアやコネクテッド技術によって新たなサービスや商品を創出することで、ハードウェア自体を超えた新たな価値を生むことができる、と豊田社長。それを手がけているのが、「ウーブン・プラネット・グループ」と呼ばれるTRI-ADや、トヨタ・コネクティッドだ。

ウーブン・プラネット・グループ、シニアバイスプレジデント 豊田大輔

豊田大輔(ウーブン・プラネット・グループ、シニアバイスプレジデント)
“ソフトウェア・ファーストの最も重要な側面は、「ソフトウェア・デファインド・アーキテクチャ」と呼ばれます。”

コンピューターシステムを中心にクルマを作る

ジェームス・カフナー(TRI-AD最高経営責任者)
“それは従来のクルマ作りを大きく変えるもので、ソフトウェアを最初にデザインするのです。コンピューターシステムを中心にクルマを作るのであって、既存のクルマという機械にコンピューターシステムを入れ込むのではありません。”

豊田大輔
“お客さまは継続的に自分のクルマをアップグレードし続けられるでしょう。”

香川
いいね!

コネクティッドの可能性はさらに広がる

コネクティッドの可能性はさらに広がる。信号とつながれば、ドライバーがブレーキを踏み忘れても、安全に自動的にブレーキをかけられるかもしれない。こういった環境との連携はコネクティッド・シティでも重要になってくる。単なる自動車メーカーとしてクルマを作るだけでなく、子どもや孫の世代のための将来を見据えて準備をしているというわけだ。

富士山のふもとで進められている実証実験都市プロジェクト「ウーブン・シティ」も、そのひとつ。

東富士にある70万㎡以上もある土地の活用

豊田
“今年のCESで東富士にある70万㎡以上もあるこの土地に、人々が住み、働き、研究に参画する未来の実証実験都市を作ることを発表しました”

香川
これは驚いたなあ。でも、これがあるからルナ・クルーザーで、月という環境で「クルマに住む」ということを考えてるわけだし。ひとつだもんな、全部が。

これ(ウーブンシティの映像)も久しぶりに見るな。いや、しかし、驚きの連続だね、ほんとに。ウーブン・シティなんかも、1月に聞いたときは「何だろう、これ」って驚いたけど。

やはり、こんな年になるとは思ってもみなかったし、年の終わりに見ると、「こうやってある種閉鎖された空間で、人々が生きていくことも将来的にあるのかな」とさえ思うもんな。

発想が踏み込んでるし、それがいい具合に循環するし。なんか発想がぬるくないんだよね。一歩先なんだよな。恐れずに、その一歩を踏み出すんだよね。

(中略)

実証実験都市プロジェクト「ウーブン・シティ」

豊田
“ウーブン・シティの一番エキサイティングなことは、実証実験都市というだけではなく、人々の暮らしがもっとつながり、もっと効率的で持続可能なものとなり、人生において意味のある時間を生み出していける可能性です。”

香川
そうだよね。何が幸せというものなのか、という定義にまでさかのぼるね。

私たちは「幸せを量産している」と考えたい

モビリティカンパニーへと変革を進めるトヨタが取り組んでいくこと

メッセージの最後に、豊田社長はモビリティカンパニーへと変革を進めるトヨタが取り組んでいくこととして、2つのポイントを挙げた。ひとつはソフトウェアとハードウェアに同じ比重で注力すること。これまで自動車製造という「モノづくり」を柱としてきたトヨタだが、今後はそれと同じだけの力をソフトウェアにも注ぐ。もうひとつは他社との協業を通じて積極的に企業力強化に取り組むことだ。

さらに豊田社長の言葉は続く。「仲間同士で助け合っていくこと同様、それ以外の人々も支えていかなければなりません」。トヨタやその仲間だけでなく、地球環境や社会全体にも貢献していく。そんな決意を示した。

積極的に企業力強化に取り組む

豊田
“私たちは一企業として地球環境に配慮し、国連が定めている持続可能な開発目標(SDGs)も達成しなければなりません。社会に活力をもたらし、家族を支え、高齢者や障がい者を気遣い、子どもたちを育てていかねばなりません。”

“トヨタの起源であるトヨタウェイがなくなることはありません。ただクルマを量産しているというだけではなく、私たちは幸せを量産していると考えていきたいのです。”

香川
うーん。幸せを量産するかあ。今年のテーマだね。

芯を通す1本の柱はぶれていない

私たちは幸せを量産している

30分にわたる豊田社長のメッセージを見終わった香川編集長。トヨタというグローバル企業の社長が、一つひとつの技術革新や今後10年のこと、そして未来のことまでを、世界のトヨタの仲間たちに向かって自分の言葉で伝えたことに感銘を受けた様子。

2019年の1月にトヨタイムズ編集長として取材を始めてから約2年。自動運転ロボティクス、AI化ウーブン・シティ、そしてモータースポーツなど、編集長として見てきたすべてのテーマが、実は一貫してぶれておらず、ひとつにつながっていたことに改めて気がついた。

香川
いろいろトヨタの理念がある中で、トヨタの芯を通す1本の柱は、
まったくぶれていないんだ、と。そして、それがひとつにつながってるんだということを、あらためて痛感したね。

(中略)

私も最初は批判的な立場で見てたんですけど、どうもこの1本の柱に私自身が飲み込まれちゃってね。なんかもう柱がずんずんと真ん中で、もう周りをコンクリに埋められて出られなくなっちゃってる気がしますけれども、来年からは、しっかりと、またもともとの批判、批評の精神でもう一度目を光らせて監視していきたい、見届けていきたいと思っております。

2020年、よく頑張った! トヨタイムズ!
そして2021年も頑張るぞ! トヨターイムズ!
…しかし、これ、絶対放送できないことばっかりだと思うよ。

RECOMMEND