トヨタのコラム
2022.04.28

コメント欄も熱い!トヨタイムズ放送部トップ5

2022.04.28

昨年の東京2020オリンピック開催に合わせて始まった「トヨタイムズ放送部」。放送回数も60回を超え、これまで多くのトヨタアスリートの活躍を伝えてきました。

モータースポーツを含む、トヨタアスリートの競技種目は多岐にわたり、それぞれが持つバックグラウンドも多彩です。なじみの薄いマイナースポーツの魅力もしっかり理解してもらえるよう、毎回1つのスポーツに絞って特集を組み、ときにはスペシャルゲストも招いて、視聴者にわかりやすい放送を目指してきました。

今回はその中で生放送時のコメント書き込みが盛り上がった放送ベスト5をご紹介します!

まだ見ていない人はこれを機に、すでに見た人は当時の興奮を思い出すために、ぜひご覧ください!

第5位:ゲストが豪華すぎる!ここでしか見られない都市対抗野球

トヨタイムズ放送部が立ち上がって初となるスポーツ生中継を行ったのが、硬式野球部レッドクルーザーズの都市対抗野球初戦でした。

実況の森田京之介キャスターに加えて、元中日ドラゴンズで、現硬式野球部の吉見一起テクニカルアドバイザーが出演。

その他、トヨタOBの現役プロ野球選手もリモート出演し、他では見られない豪華な中継となりました。

第4位:東京2020フィナーレ回で驚きの発表が!?

東京2020パラリンピック閉会日の放送には、フィナーレにふさわしく、豊田章男社長が生出演。

大会を終えたばかりの三木拓也選手(車いすテニス)もオンライン出演してくれて、スタジオに届いたパラリンピアンの喜びの声をお伝えしました。

エンディングには、豊田社長の口から「トヨタイムズ放送部」レギュラー化の話が!

第3位:メダリストから突然の生電話!

北京2022冬季オリンピック・パラリンピックの総まとめとなった放送回。パラアルペンスキーのメダリスト森井大輝選手、村岡桃佳選手が大会からの帰路に空港から電話で生出演してくれました。

これまで紹介してきた冬の競技をクイズ形式で振り返り、多くの視聴者がコメントを寄せてくれました。

第2位:「One Toyota!」いかにして生まれたか!?

東京2020パラリンピック開会日の放送。スタジオ出演した豊田社長の口からトヨタがパラリンピックのスポンサーになった経緯や想いが語られました。

そして、前IPC(国際パラリンピック委員会)会長であり、現トヨタ取締役のフィリップ・クレイヴァンさんはパラリンピックの見どころを教えてくれました。

放送部の合言葉「One Toyota!」がどのようにして生まれたのかについても語っています! 「この放送を機にパラリンピック競技に興味が湧いた」というコメントも数多く寄せられました。

第1位:視聴者も大興奮!!

東京2020オリンピックで金メダルを獲得した女子ソフトボール選手が生出演。スタジオ出演の豊田社長、女子ソフトOGの長崎望未さん、元フィギュアスケーターの小塚崇彦さんと一緒にオリンピックでの熱戦を振り返りました。

視聴者からも女子ソフトの試合での興奮、感想がたくさん書き込まれ、コメント数は2000件に! 断トツの盛り上がりとなりました。



いかがでしたでしょうか? 東京2020、北京2022のビッグイベントをお伝えした回に多くのコメントをいただきました。

トップ5に入らずとも、見ごたえのある放送が他にもたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください!

RECOMMEND