トヨタイムズ

夏合宿【モリゾウのつぶやき】

夏合宿【モリゾウのつぶやき】

TOYOTA NEWS 2019.08.26 UPDATE

こんにちは、モリゾウです。
夏休み、皆さんはどのように過ごされましたか?

モリゾウは…
夏合宿をしました。

今年はダートコースでの走行訓練です。
最近はサーキットを走ることが多かったので、久しぶりの砂利道走行でした。

86、インプレッサ、某欧州メーカーの四駆など(きっと予想外!?のクルマだと思います)、性格も乗り味も異なるクルマで走り込みました。

その某欧州メーカーのクルマとは、今回が初顔合わせでした。
初めはモリゾウもクルマもお互いに様子見をしていましたが、しばらく走って会話を続けているうちに、だんだんと打ち解けてきた気がします。
最終的には、86よりも多く乗ったかもしれません(笑)。
マスタードライバーとして、他店の味を知ることも大切なことだと思っています。

このダートコースはモリゾウが大好きな場所でもあります。オーナーの親父さんはいつも笑顔で迎えて下さいます。「なんでトヨタの社長、今日もトヨタ車以外で走ってるんだろう?」と思われているかもしれませんが…(笑)。

ガレージの雰囲気も最高です。なんというか、部室みたいな所なんです。小屋の中にあるのは、長机とパイプ椅子。もちろん、クーラーはありません。それでもクルマを修理する道具はそろっていて、おまけにトヨタスポーツ800やトライアンフ スピットファイアなどの貴重な旧車まであります。コースのすぐ横なので、走行訓練の様子もよく見えます。

そのような部室で、自分たちで作ったそうめんと焼きそばを食べて、また走って、スイカを食べて、また走っての繰り返しでした。

やっぱり、クルマは楽しい!
スイカもおいしい!
でもやっぱり暑い!!

と、そんなモリゾウの夏合宿でした。

オーナーの親父さん、いつもありがとうございます。おかげさまで安全に、楽しくクルマと会話することができました。また、親父さんの笑顔に会いに来ます。

SHARE

RECOMMEND

豊田章男が東北で語ったオリンピック・パラリンピックへの想い

トヨタ自動車東日本が発足して8年―。豊田が口にしたのは、当時から変わらない2つの想いだった。

2020.04.03 UPDATE READ MORE

【第3章】鈴木修会長×豊田章男社長(聞き手 小谷真生子)「ここだけの話」

鈴木会長にとって、豊田社長は「厄介な存在」だった!?対談の最後に語ったのは、後継者の条件。

2019.09.18 UPDATE READ MORE

現場こそがトヨタの強み 豊田社長インタビュー全文【トヨタ工業学園 取材】

トヨタ工業学園の卒業式に出席した豊田社長が、卒業生に期待することとは。香川編集長が聞いた。

2020.03.30 UPDATE READ MORE