トヨタイムズ

「再出発の桜」【モリゾウのつぶやき】

TOYOTA NEWS 2019.04.17 UPDATE

こんにちは、モリゾウです。
鞍ヶ池記念館にある豊田喜一郎邸の庭に植えた1本の「桜」が満開になりました。
今日は皆さんにこの桜にまつわるお話をしたいと思います。

先日もこのコラムの中でご紹介しましたが、2010年2月24日、米国に端を発した大規模リコール問題で、私は米国公聴会の証言台に立ちました。

公聴会から1年がたった2011年2月24日。
米国から稲葉さん、ジム・レンツさんも駆けつけ、
ともに闘った仲間たちが集まって、桜の木を植えることにいたしました。

桜は日本を代表するグローバルな花。
トヨタも日本で生まれ育ったグローバル企業。
トヨタに重なると思い、桜を選びました。

そして、トヨタを支えてくださったお客様や仲間のことを想い、
1本の「桜」の木を囲むように、3種類の花を植えました。
一つ目は「こでまり」。
佐吉のふるさとである静岡県湖西市の花で、『品格』を表します。
二つ目は「野バラ」。『逆境から這い上がる』という意味があります。
三つ目が「あざみ」。『安心』を表します。

桜は美しく咲いて、ぱっと散る。
ぱっと散る感覚は、公聴会前の孤独感。
しかし、トヨタの仲間、お客様が支えてくださいました。
自分も、トヨタも、多くの人たちに守られていることを実感し、
「もう一度、みんなで、心をあわせて、美しい花を咲かせたい」。
素直にそう思えるようになりました。

ソメイヨシノからは少し遅れたけれど、
今年も喜一郎邸の庭の「桜」がひっそりと美しい花を咲かせました。

私にとっては「再出発の桜」。
この場所にくると、あの時の仲間の姿と感謝の気持ちを思い起こします。

これからも感謝の気持ちを胸に、自分以外の誰かのために頑張りたいと思います。

鞍ヶ池記念館にある豊田喜一郎邸の庭の桜

RECOMMEND

トヨタの技術トップが、東北で感じた再エネの可能性

日本でも、再エネを主力電源に?震災から10年、トヨタの技術トップが東北で目にしたものとは...。

2021.04.14 UPDATE READ MORE

「日本のクルマづくりを支える職人たち」第1回 木型職人 剣持正光

自動車業界を匠の技で支える「職人」特集。第1回はモータースポーツエンジンも手掛けた「木工の匠」に話を聞く

2021.03.31 UPDATE READ MORE

ヤリスを生んだ、東北のモノづくり

欧州で最高評価を得た新型ヤリス。その裏には震災復興への豊田社長の想いと、東北のモノづくりの力があった

2021.04.09 UPDATE READ MORE