トヨタイムズ

「ラジオから出たマコト」【モリゾウのつぶやき】

TOYOTA NEWS 2019.02.28 UPDATE

「モリゾウさんお願いです!
スープラの実車を早く日本で展示してください!」

モリゾウのラジオ番組に送られてきた
ツヨシさんという
リスナーの方からのメッセージです。
(2月2日放送分
「デトロイトショーでSUPRAデビュー」)

このメッセージを受けて
番組内で答えたモリゾウの返事は…

「はい!…と言ってもね…なかなかねぇ…」

「私が言ったって、
(みんな言うこと)聞きませんからね…
(うちの会社は)誰も…(笑)」

「(時間かかるかもしれないけど)
ちょっと待っててくれませんか?」
ということでした。

スープラの実車を
いち早く見てもらいたいという
気持ちはモリゾウも同じです。

ただ…海外でつくるクルマなので
なかなか日本には
台数が揃わないだろうことは
分かっていました。

なので、
こうした話しか
ラジオでは出来ませんでした。

実際の計画も、
夏前頃から
少しずつ店頭に実車が
並んでいくというものでした。

しかし、
このラジオをきっかけに
計画が変わったそうです。

ツヨシさんの
スープラに対する熱い想いと、
誰も言うこと聞かないから…という
モリゾウのつぶやきを、

ある社員が受け止めてくれて
「これはやるしかないでしょ!」と
少しでも早くスープラを
店頭で見ていただけるよう
頑張ってくれました。

イベントに展示予定のクルマや
カタログ撮影に使うクルマなど
それぞれのスケジュールの合間を調整し、

それらを全国49店舗の
GRガレージに順番に
持っていくということです。

持っていける店舗も限られますし、
それぞれのお店に置けるのも
長くて2日間だけということで
まだまだ多くの方に
見ていただくには
不十分かもしれませんが、

今回、ラジオに届いたお便りと
電波に乗せたモリゾウのつぶやきで
すぐに動いてくれた仲間が
いたということは
なんとも嬉しかったです。

きっかけを作ってくださったツヨシさん、
そして、
「これはやるしかないでしょ!」と
奮起してくれたみんな
ありがとうございました!

つぶやいてみるもんですね(笑)

【追伸】
もし店頭に置いたスープラに
傷がついたりすると
カタログ撮影などに向けて
直す時間がないらしいです。

彼らも「この計画は背水の陣です!」
と言ってました。

そうして実現した展示計画らしいので、
見に行っていただける皆さまは、
スープラ達を大切に
扱っていただけると助かります。
よろしくお願いします。

このお願いも、つぶやいてみました…(笑)

RECOMMEND

トヨタの技術トップが、東北で感じた再エネの可能性

日本でも、再エネを主力電源に?震災から10年、トヨタの技術トップが東北で目にしたものとは...。

2021.04.14 UPDATE READ MORE

「日本のクルマづくりを支える職人たち」第1回 木型職人 剣持正光

自動車業界を匠の技で支える「職人」特集。第1回はモータースポーツエンジンも手掛けた「木工の匠」に話を聞く

2021.03.31 UPDATE READ MORE

ヤリスを生んだ、東北のモノづくり

欧州で最高評価を得た新型ヤリス。その裏には震災復興への豊田社長の想いと、東北のモノづくりの力があった

2021.04.09 UPDATE READ MORE