トヨタイムズ

「常若」【モリゾウのつぶやき】

「常若」【モリゾウのつぶやき】

TOYOTA NEWS 2019.01.03 UPDATE

こんにちは、モリゾウです。お正月はいかがお過ごしでしょうか。
私は書初めをしました。と言いましても、新年は何かとバタバタしますので、
年末に書くのが最近のモリゾウ流です。書き納めですね(笑)

2019年を思い描いて選んだ言葉は、“常若”です。
時代と精神を継承するためには、すべてのものを変えなくてはいけない。日々、変わっていく。
長く続くものは、常に若いもの。こうした意味で“トコワカ”という言葉があるそうです。

伊勢神宮の式年(しきねん)遷宮(せんぐう)が、まさに常若の精神を表していると言われています。
20年に一度、神様をお祀(まつ)りする建物、一緒に納める宝物などをすべて新しくすることで、
先人たちの精神や建築技能を受け継いでいくのだと伺いました。
なんと1300年も続いているそうです。すごい。

伊勢神宮と比べることはできませんが、
私は常若の精神は、トヨタ生産方式に通ずるものがあると感じました。
トヨタ生産方式にも、昨日よりも今日、今日よりも明日と、
絶えず変化していくという思想があるからです。

自動車業界は、「100年に一度」と言われる大変革の時代を迎えております。
トヨタが生き抜いていくためには、
「自動車会社からモビリティカンパニーに変革しなければいけない」と、私は本気で思っています。
コネクティッド、自動化、シェアリング、電動化に代表される技術革新によって、
クルマは、これまでには無い、新しい移動の自由や楽しさをお届けできると信じているからです。

ただ、私たちはカラダの大きな企業です・・・。何かが急に変わるわけではありません。
日々の積み重ねが、やがて大きな変化につながると信じて、
ベターベターでやり続けるのが、トヨタらしい前進の仕方だと思っています。

いまの私たちにこそ、常若の精神が必要だと感じています。

以上

SHARE

RECOMMEND

豊田章男が東北で語ったオリンピック・パラリンピックへの想い

トヨタ自動車東日本が発足して8年―。豊田が口にしたのは、当時から変わらない2つの想いだった。

2020.04.03 UPDATE READ MORE

【第3章】鈴木修会長×豊田章男社長(聞き手 小谷真生子)「ここだけの話」

鈴木会長にとって、豊田社長は「厄介な存在」だった!?対談の最後に語ったのは、後継者の条件。

2019.09.18 UPDATE READ MORE

現場こそがトヨタの強み 豊田社長インタビュー全文【トヨタ工業学園 取材】

トヨタ工業学園の卒業式に出席した豊田社長が、卒業生に期待することとは。香川編集長が聞いた。

2020.03.30 UPDATE READ MORE