トヨタイムズ

「常若」【モリゾウのつぶやき】

TOYOTA NEWS 2019.01.03 UPDATE

こんにちは、モリゾウです。お正月はいかがお過ごしでしょうか。
私は書初めをしました。と言いましても、新年は何かとバタバタしますので、
年末に書くのが最近のモリゾウ流です。書き納めですね(笑)

2019年を思い描いて選んだ言葉は、“常若”です。
時代と精神を継承するためには、すべてのものを変えなくてはいけない。日々、変わっていく。
長く続くものは、常に若いもの。こうした意味で“トコワカ”という言葉があるそうです。

伊勢神宮の式年(しきねん)遷宮(せんぐう)が、まさに常若の精神を表していると言われています。
20年に一度、神様をお祀(まつ)りする建物、一緒に納める宝物などをすべて新しくすることで、
先人たちの精神や建築技能を受け継いでいくのだと伺いました。
なんと1300年も続いているそうです。すごい。

伊勢神宮と比べることはできませんが、
私は常若の精神は、トヨタ生産方式に通ずるものがあると感じました。
トヨタ生産方式にも、昨日よりも今日、今日よりも明日と、
絶えず変化していくという思想があるからです。

自動車業界は、「100年に一度」と言われる大変革の時代を迎えております。
トヨタが生き抜いていくためには、
「自動車会社からモビリティカンパニーに変革しなければいけない」と、私は本気で思っています。
コネクティッド、自動化、シェアリング、電動化に代表される技術革新によって、
クルマは、これまでには無い、新しい移動の自由や楽しさをお届けできると信じているからです。

ただ、私たちはカラダの大きな企業です・・・。何かが急に変わるわけではありません。
日々の積み重ねが、やがて大きな変化につながると信じて、
ベターベターでやり続けるのが、トヨタらしい前進の仕方だと思っています。

いまの私たちにこそ、常若の精神が必要だと感じています。

以上

RECOMMEND

豪州トヨタが政府にコロナ給付金を返した理由

豪州トヨタが政府へ雇用維持給付金を返還し、話題になった。トヨタイムズでは決断に至ったストーリーを紹介する。

2021.04.19 UPDATE READ MORE

「日本のクルマづくりを支える職人たち」第2回 鋳造職人 元木清秀

自動車業界を匠の技で支える「職人」特集。第2回は特許技術の開発にも携わった「鋳造の匠」に話を聞く

2021.04.21 UPDATE READ MORE

ヤリス欧州COTY受賞 ヤリスの受賞は欧州でどう受け止められたのか

ヤリスの欧州COTY受賞は、欧州でどう受け止められているのか。反響を探るべく、森田記者が現地で事業や生産、販売に携わる3名に取材した。

2021.04.22 UPDATE READ MORE