トヨタイムズ

気になる“音”を初公開 水素エンジンのテスト現場に潜入

TOYOTA NEWS 2021.04.28 UPDATE

4月22日、豊田章男社長とGAZOO Racing カンパニーの佐藤恒治プレジデント出席のもと、トヨタが “水素エンジンの開発に取り組んでいることが発表された。

さらに、カローラスポーツに水素エンジンを搭載し、52123日に開催されるスーパー耐久シリーズ2021 3戦 富士24時間耐久レースに参戦するという。

発表の場でも語られたが、豊田社長が「レースに出よう!」と決めたのが2020年の年末。そこからまだ4カ月しかたっていない。

佐藤プレジデントも「今日もこの裏でエンジンの耐久試験が回ってたりするくらいです」と述べていたが、24時間レース本番まで残された時間は約1カ月。準備はどこまで進んでいるのだろうか?

トヨタイムズは参戦車両のテストが行われた現場へ取材に入らせてもらった。

ガソリンでなく、水素を燃焼させることで動力を得るエンジンは、一体、どんな音がするのだろうか? まずは、映像で「水素エンジンの音」をお伝えしたい。

映像で聞いていただいたとおり、水素のエンジン音は “普通” である。今回のテストに参加したレーシングドライバーの石浦宏明もこう言っていた。

「(今までのガソリンエンジンと)思ったほど違いはないですね。普通のエンジンに感じます」

「(水素と言われずに乗ったら)こういうエンジンって思っちゃう気がします」

確かに “普通のエンジン音” だ。しかし、この “普通” を、CO2を出さずに実現できているということが “普通じゃない

“普通” を続けられることが、こんなにも うれしいと感じるとは思わなかった。引き続き、トヨタイムズでは、水素エンジンの取り組みを追いかけていく。

RECOMMEND

岩手県の小さな商店で、トヨタが気づかされたこと

トヨタグループが買い物支援を行う町を、自動運転を担当する山本CSOが訪問。見えてきたのは意外な事実だった...。

2021.04.30 UPDATE READ MORE

【超解説】二酸化炭素排出実質ゼロに向かってどうするべきか!?

2050年までにカーボンニュートラルを目指す。そのためにモビリティに関わる私たちができることは?まずは正しい知識の獲得から。

2021.04.28 UPDATE READ MORE

ヤリス欧州COTY受賞 COTY審査委員長が語る、欧州でヤリスが選ばれた理由

ヤリスが欧州COTYを受賞した理由とは。審査委員長を務めるフランク・ヤンセン氏に、ヤリスのどの部分が評価されたのかを聞いた。

2021.04.27 UPDATE READ MORE