トヨタイムズ

トヨタのモノづくりを支えるトヨタ工業学園とは?【トヨタ工業学園取材】

香川編集長 2020.03.16 UPDATE

INDEX

香川編集長が、3年間のカリキュラムを通してモノづくりのプロを育てるトヨタ工業学園を訪問。学園生たちに話を聞いてみると、誰もが礼儀正しく、しっかりと自分の言葉でハキハキと考えを語ってくれる。ここでは一体どんな風に人材育成が行われているのだろうか。そしてどんな人材を排出しているのだろうか。それを知るため、編集長は学園長の深津敏昭氏と卒業生たちに話を聞いた。

トヨタの若い技能者を育成

香川

はじめまして。香川でございます。

深津

おはようございます。トヨタ技能者養成所の学園長をしております、深津と申します。今日は1日よろしくお願いします。

香川

よろしくお願いいたします。一体どういった学校なんでしょう?

深津

トヨタの若い技能者を育成するところになっております。今日1日、いろいろ説明をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

香川

よろしくお願いいたします。学生は何人ぐらいいるんですか?

深津

約500人ぐらいいます。

香川

割といるんですねえ。500人。

深津

はい。

香川

あの、普通の高校にあるような体育の授業とかは?

深津

もちろんあります。

香川

例えば、国語、数学、英語とかっていうのも?

深津

そうです。通信制教育で高校の資格を取れるようになっておりますので、3年間通信教育を受けると、科学技術学園という高校の免許(工業高校機械科卒業資格)がいただけると。

香川

で、全寮制なんですか?

深津

全寮制です。(※自宅通勤可の場合もあり)

香川

はあー。(全寮制の理由は)規律ですか?

深津

規律ですね、はい。人間力、人格を磨く。

香川

この学校を卒業して、トヨタに皆さん正社員として就職するんですか。

深津

はい、正社員として就職します。

香川

それは、ほぼ100パーと言っていいんでしょうか?

深津

そうです。学園に入学するイコール社員です。

香川

あ、もう逃れられないんですね。

深津

逃れられない(笑)。

香川

逃れられないんですね、社長の下から!

深津

(笑)。

香川

じゃあ皆さんもそれを覚悟の上で、その意思を持って受験をしていくと。

深津

はい。

香川

変な話、受験で落ちることはあるんですか?

深津

あります。

香川

あるんですか!

深津

はい。

香川

それは学術的なことで?あるいは態度とか…。

深津

学力もありますけれども、「たくまし度」ということがありまして。やる気だとか元気だとか、そういうのも入学の評価の対象になっています。

香川

元気を何で測るんですか?入学試験のとき。

深津

面接です。

香川

はー。僕、一発で落ちてますねえ。

深津

いやいや、そんなことはないと思います。

香川

当時の僕だったら、一発で落ちてますね。

深津

今年度は315名、高等部で希望者がありまして、採用が135名。

香川

え!そんなに落とすんですか?

深津

いや、まあ、そんなにということではないと思いますけど。

香川

いやいやいやいや…。あ、そうですか。いやいや、びっくり。今のこの少子化の時代に、定員割れギリギリだっていう学校も多い中で、それだけ選ぶ人がいるっていうことは、かなりの精鋭が最初からいるっていうふうに推察できます。

深津

そうですね、歴史も長いので。やはりこの学校に対して、トヨタで一人前に育てていただけるというところが一つの魅力だと思います。

香川

なるほど。歴史については、後々また伺います。

RECOMMEND

難しいことに挑戦するのが「トヨタマンのDNA」

トヨタにとって月面探査車への開発にはどんな意義があるのか。トヨタ側の視点から今回の挑戦について語っていただいた。

2020.09.18 UPDATE READ MORE

【密着】豊田章男の休息

トヨタイムズのカメラが豊田章男の散歩に密着!トヨタのトップは束の間の休息に何を考えているのか?

2020.10.26 UPDATE READ MORE

ノーベル化学賞・吉野彰×豊田章男 ~未来をつかむ思考~ 後編

リチウムイオン電池の発明を通じ、環境問題に向き合ってきた吉野氏。はたして、カーガイ・モリゾウと相いれるのか?

2020.04.30 UPDATE READ MORE