トヨタイムズ

香川編集長 下山テストコース取材【下山テストコース取材】

香川編集長 2019.06.28 UPDATE

今回、香川編集長がニュルブルクリンクの次に訪れたのは、トヨタが本社を構える豊田市にある下山シモヤマという山奥。

ここに、新しくトヨタテクニカルセンター下山という開発施設がオープンした。

ドイツ・ニュルブルクリンクと同じ考え方でつくられたカントリーコース。
自然の地形をいかした、高低差70m、全長5.3㎞のコースは、クルマにも人にも非常に厳しい「道」。

なぜ今、豊田市にこのようなテストコースをつくったのか?
それは、本当に必要なのか?
そのことを確かめるために、編集長が自ら体感取材を行いました。

CMの限られた秒数には収まらない取材結果を約7分の映像でお届けします。

<関連リンク>
・モリゾウのつぶやき「下山テストコース」
第1、第2が未完成の中、第3周回路・通称カントリー路がまずできたその意味は?

RECOMMEND

トヨタの現在地を確認できた95分間

関係者向けの極秘映像を見終わった香川編集長。豊田社長が世界の仲間に送った熱いメッセージに何を思ったのか。

2020.12.04 UPDATE READ MORE

今こそ550万人の力を結集するとき 自工会・豊田会長 年頭メッセージ

コロナ禍で迎えた新年。日本の移動を支える550万人に自工会豊田章男会長が送った言葉。

2021.01.08 UPDATE READ MORE

クルマを走らせる550万人へ。

2021年元旦、「私たちは、動く。」という広告が新聞各紙に掲載された。
クルマを走らせる550万人というハッシュタグと共に文章が記されている。

2021.01.01 UPDATE READ MORE